FM81.5 RadioSweet

feel the sweet vibes

RadioSweet

Instagram

年に一度90分だけの貴重なご開帳!慈眼寺の秘仏

年に一度90分だけの貴重なご開帳!慈眼寺の秘仏

東近江市瓜生津町 慈眼寺の秘仏。

重要文化財の

「銅造聖観音立像(どうぞう しょうかんのんりゅうぞう)」が

ご開帳されます。

 

年に一度、法要のときにのみご開帳され、

限られた時間内だけ拝観できるとても貴重な機会です。

 

今年は2月11日(日)、午前9時30分から11時まで

1時間30分間だけのご開帳です!

 

慈眼寺の秘仏 重要文化財の「銅造聖観音立像」は

滋賀県内で6件ほどしかない金銅仏(こんごうぶつ)で、

たて39.8cmと、これほど小さな像は珍しいそうです。

 

県内でも最古級と考えられ、歴史的背景もすごい。

 

寺伝によると。。。

近江の守護・佐々木六角氏の念持仏であったとされ、

佐々木氏滅亡のとき、毛利知行という侍がこの像を守り、

敵兵に追撃されて仏像とともに池に飛び込んで死んだ。

その後、夢のお告げがあったという慈眼寺の僧が像を引き上げ

寺の本尊にしたとされている・・・

そして『近江蒲生郡史』では、

この像はもともと、小脇町の金柱御堂に祀られていた

狛長者の念持仏あろうと推論していて

おそらく佐々木氏が譲り受けたものだとされている・・・

 

と、かなり由緒あるもののようです。

 

そしてとってもうつくしい。

 

ご開帳には県内外からも訪れる人がいるほど!

 

写真は残念ながらアップできないので、

ぜひ2月11日(日)ご自身の目でご覧になってください。

 

■慈眼寺「銅造聖観音立像」ご開帳

【日 時】2月11日(日) 9:30~11:00

【場 所】東近江市瓜生津町1259 慈眼寺会館

【お問い合わせ】東近江市歴史文化振興課 0748-24-5677

 

URL
TBURL

*
*
* (公開されません)

Return Top